習い事としてモノづくりを選ぶ人は少なくありません。

人って何かを作りだすことがやはり好きなんだと思います。

モノづくりといってもいろいろありますが、今回はとくに人気の高い陶芸教室をピクアップしてみました。

土から器などを作るあの陶芸です。ろくろを回すのもなんだか面白そうですよね。

私も学生時代美術の時間の何度かろくろを回したことがありますが、思うほど簡単ではありません。

均等な円形にしたくてもなかなかならないんです。おまけに力を入れすぎるとすぐにぐにょっとなってしまいます。

しかし、陶芸は若い人にもシニアにも人気があります。お皿やカップ、花瓶など作ったものを実際に使うことができるというのも魅力なんでしょうね。

陶芸では形だけではなく、器に色を塗ったり絵を描いたりもできるので世界でたった一つの自分のオリジナル作品ができるのです。

陶芸教室はたくさんあり、定期的に通う教室や一回完結型のクラスがあります。費用は一回3000円~5000円というのが相場です。

ろくろを回して成形し、その後絵付けをするのがおおまかな流れです。時間は1時間から2時間程度。

まったく初めてという人も講師がサポートしてくれるので時間内に完成することができます。

プロの陶芸家が教えてくれる教室もありますので、時間や費用を考慮して自宅から近い場所を選ぶといいと思います。

陶芸同様に今ブームとなっているモノづくりといえばポーセラーツです。

ポーセラーツとは真っ白な磁器に様々な絵柄の転写シーツを張り付け、自分好みの食器を作るものです。

自分の好みのシートを貼ったり、色を塗ったり自分だけの食器を作ることができるので女性の間でとても人気があります。

上級になるほど複雑なデザインを施すことができすようになり、金彩で縁取ることなどもできます。

ポーセラーツの教室は材料費が高額になることもあり、費用は5000円前後となります。

出来上がった作品は焼成して完成となりますので、その日のうちに持ち帰ることはできません。

しかし、自分の作品がどんなふうに焼きあがるのかなと考えるとワクワクしますね。

もう一つモノづくりで素敵だなと思うにはステンドグラスです。ステンドグラス下書きをもとに平面や立体の作品を作り上げます。

その下書きをもとにステンドグラス用のガラスを切っていきます。半田やペーストを作ってパーツを張り合わせていきます。

ステンドグラスを作るためにはガラスを切るカッターやプライヤーなどが必要になりますので、ますは教室で道具を借りながら作ってみるといいと思います。

一日体験コースを実施している教室もたくさんあります。費用は作る作品にもよりますが、5000円~10000円ほどかかります。

まずはパネルやサンキャッチャー、ペンスタンドなどから始めてみましょう。

陶芸、ポーセラーツ、ステンドグラス、どれも素敵な作品が作れそうです。まずは気になる教室のHPで出来上がり作品などをチェックしてイメージを膨らませてみてください。