女性の習い事と聞いて真っ先に思い浮かぶのはフラワーアレンジメントです。

その響きはとても優雅で華やかですが、いわゆる現代版活け花でしょうか。

活け花とはどのように違うのかはっきりとはわかりませんが、活け花は個々の花が引き立つように活けることで、フラワーアレンジメントは全体のデザインやアレンジを大事にすることでしょうか。

また活け花が切り花を花瓶に活けるのに対し、フラワーアレンジメントは茎をデザインに応じて短く切り、水を含ませたスポンジに刺すのが一般的です。

フラワーアレンジメントは家族や友人の誕生日をはじめとするお祝い事、また部屋を飾るインテリアとしても素敵です。

選ぶ花の種類や量、色、全体のデザインなど、アレンジの仕方は無限大で、繊細な作品や驚くほど巨大な作品などもあります。

フラワーアレンジメントの特徴の一つが花だけではなく、花瓶選びも重要ということです。

花の種類やデザインに応じて、花瓶の色や形、大きさなども考えていきます。

また、日本にはフラワーデザイン協会なるものがあり、協会が中心となり海外との国際交流や資格試験などを実施しています。

フラワーアレンジメントの教室は実に沢山あり、どの教室を選んでいいか迷います。大手フラワーアレンジメント教室もあれば、資格を持った講師が自宅で教えている場合もあります。

スクールには体験コース、ビギナーズコース、中級コース、上級コースなどいくつかのコースがあります。

体験コースやビギナーズコースでは基本道具の名前や使い方、基本のアレンジメントなどを学ぶことができます。

講師が作品を作る工程をまねながら一緒に作っていくかたちです。中級コースや上級コースになると講師のアドバイスを受けながら自分の好みやテイストなども盛り込んでいくことができます。

結婚式用のブーケを作るウエディングコースやプリザーブドフラワーを作るコースなどもあります。

その他にも将来自分自身がフラワーアレンジメントの講師になることを目標とする人のために、資格を取得するコースもあります。

フラワーアレンジメントの資格としてはフラワー装飾技能検定、フラワーデザイナー(NFD)、フラワーデコレーター(FDA)などがあります。

その他にも様々なフラワーアレンジメントの資格がありますが、プロのフロリストの中には資格はそれほど重要ではないと考える人もいるようです。

資格がなくても人気の教室を運営している方もいますので、必ずしも資格にこだわる必要はなく、自由に学ぶ方が楽しそうですね。

気になるフラワーアレンジメント教室の料金ですが、1レッスン3500円~5000円が相場のようです。

もちろん人気の講師のレッスンは高額になりますし、また大きな作品を作る場合には材料費が高額になることもあるようです。

まずはお得な体験レッスンを受けてみることをおすすめします。自宅でレッスンを行っている講師の場合、レッスン終了後にお茶の時間があるなど女性同士の交流の場にもなっていますので楽しさ倍増ですね。