Page 2 of 5

音楽は心を癒してくれる!ピアノ、フルート、ドラムなどはいかが?

私の友人は大人になってからピアノ教室に通い始めました。

そもそもお子さんが習っていたことがきっかけなのですが、今では自分の方がはまってしまい日夜練習に励んでいます。

子供と同じように先生に怒られながら練習し、半年に一度発表会に参加しています。

今度の発表会では何を着ようかな、と楽しそうに通っている姿を見ると、音楽はいくつになっても楽しめるんだなと思います。

それに指先を動かすのは老化防止にとても効果的だと聞きました。

仕事の同僚やママ友ではなく、ピアノを通して共通の趣味を持った人々と交流できるのも素敵だと思います。

とはいえ、大人になってからピアノを習うのはちょっとハードルが高いと感じてしまいますよね。

そんな人は本当に弾けるのかどうかまずはグループレッスンに参加してみてはどうでしょうか。

初級クラスではピアノの基礎的な部分について学びますが、グループレッスンならマンツーマンに比べて気楽に授業を受けることができます。

初心者は楽譜の読み方や指の動かし方から始め、まずは片手で演奏、その後簡単な曲を中心に両手で演奏していきます。

ピアノ教室は大手音楽教室から個人レッスンまで全国に数多くあります。初心者は大手音楽会社が運営している教室にまずは入会してみるといいと思います。

コースの種類も豊富で、都合に応じたクラスを選ぶことができます。ある程度上達したら個人レッスンを受けたり、お住まいの地域で人気の講師を探してみるのもいいでしょう。

もちろん音楽系の習い事はピアノばかりではありません。フルートやドラムなども大人になってから始める人もいます。

じわじわと人気が高まっているフルートですが難しそうというのが第一印象です。音を出すためにはかなり肺活量が必要では?と思ってしまうのですが、まずは出しやすい音や指使いから始めるので無理なく慣れることができます。

クラシックだけではなく、歌謡曲やジャズ、ポップスなども吹けるようになるので楽しいですよ。

肺活量を増やすことは健康促進の意味でもおすすめのようです。

少数派ですがちょっと面白そうだなと思うのがドラム。ドラムというとバンドかなにかやってる?と思われがちですが、単独でリズムを作り出すこともできでストレス解消にもなります。

ドラム教室ではドラムの練習専用の伴奏の音源があり、それを使って練習をします。腕や足を使いますので運動にもなりますよ。

実際に現役で活躍するプロのドラマーが講師をしている教室もあり、ドラムの基礎を学んだり、ドラムの世界の裏話を聞いたり、本格的なスタジオを使用してレッスンを行います。

ドラムつながりで人気なのが和太鼓です。お祭りやゲームセンターでよく目にする和太鼓は日本人にはむしろドラムより馴染みのある楽器かもしれません。

音楽や伴奏と連携しなくても単独でパフォーマンスができます。重いバチを振り上げるので体力も必要となります。

様々な楽器の習い事いかがでしたでしょうか。自分にもできそうかな、ちょっと興味あるなと思ったらぜひ体験レッスンを受けてみてください。

楽器の習い事にかかる費用は約10000円前後となります。レッスンは45分~1時間程度です。

自分のペースで習い事がしたいという人は通信講座がおすすめ!

習い事がしたいけど近くに教室がない、時間がない、家を空けることができないという人には通信講座による習い事をおすすめしています。

通信講座とは自宅に居ながら教材が送られていくシステムで自分の好きな時間に学習することができます。

日中は時間のない人でも夜家族が寝静まった後や、早朝に学習することも可能です。

また家事や育児の合間に勉強することができ、時間を有効に使うことができます。

通信講座のその他のメリットといえば学校に通う手間や交通費がかからないこと、授業料が安いことなどが挙げられます。

一方で通信講座のデメリットは直接講師と会話ができないという点です。

通学講座の場合、講師による授業を受けながらわからないことがあれば質問することができます。

また他の生徒と交流したり、意見交換をしたり、疑問点を共有することができます。

しかし、最近は通信講座でもインターネットを通じて授業を受けたり、質問をしたりできるWEB授業を取り入れていますのでできるだけ講師と近い距離で勉強することが可能です。

そして最大のデメリットは継続が難しいことです。

通学講座ですと授業を受けることでモチベーションを高めることができますが、一人でテキストに向かってコツコツ勉強していると退屈してしまうこともあります。

学習時間を自由に設定できる分、自分で毎日時間を取り組まないと最終的に投げ出してしまって無駄になってしまうこともあります。

通信講座を続けるためには強い意志が必要です。

大手通信講座の会社が提供する講座はとても種類が多く、何を選べばいいかわかりません。費用もリーズナブルなものから、資格取得のための高額なものもあります。

趣味や特技を充実させたい、資格を取りたい、技術を身に着けたい、キレイになりたい、転職やキャリアアップに役立てたいなど様々な理由で通信講座を受けています。

現在仕事を持つ人の中には、教室に通う時間がないので自宅でできる通信講座を選ぶ人もいます。

人気の通信講座は医療事務や薬局事務などの医療系や、アロマセラピストやネイリストなどのビューティ系、ボールペン習字や話し方などの実用系もあります。

受講する講座を迷っている方はおすすめ講座診断などを利用して、自分に合った講座をみつけることができます。

通信講座で私が興味があるのはやはり英語です。英語を学ぶ際にWEB講座やオンラインを利用するのは珍しくありませんので、英語力は通信講座でも十分に伸ばすことが可能ではないかと思います。

正直ライナップされている通信講座の中には通信で学ぶのは難しいかなと思ってしまう講座もありますが。

英語学習で有名なアルクや有名人が受講して話題になったスピードラーニングなど本当に英語が上達するならぜひ試してみたいですね。

ちなみにスピードラーニングは初回費用が9400円、2回目以降は4300円となります。アプリやWEB版のみ利用できるデジタル版はもっとお得です。

英会話教室に通うのに比べると格安で利用できる通信講座、期間内なら返品できるものもありますので気軽に試してみましょう。

一回完結型のアクセサリー教室も!誰でもできる手作り教室

私の数少ない趣味の一つがハンドメイドアクセサリーを作ることです。

アクセサリーが大好きでよくショップを覗いたりするのですが、自分が思い描く商品がないときに自分で作ってしまえばいいんだ!と思って始めました。

最近ではアクセサリーなどの手作りパーツを売っている専門のショップがあります。

ビーズやコットンパール、様々なデザインのチェーンや金属パーツなど何百種類もの商品が陳列されています。

チェーンに好みのモチーフを通すだけで世界でたった一つのオリジナルネックレスが出来上がりますし、お店で好みのデザインを見つけてそれをまねて作ることもできます。

アクセサリー作りを始めるためには基本の工具が必要になります。チェーンやワイヤーを切るのに必要なニッパー、金属をつかんだり曲げるのに使うペンチ、さらにペンチには丸ペンチと平ペンチがあります。

チェーンとモチーフをつなぐのに必要な丸カンやCカンはとても小さなものもあり、たとえ工具があってもある程度の器用さを求められることもあります。

最近ではインターネットで検索すればレシピと呼ばれる作り方が載っていますし、動画ではさらにわかりやすく説明してくれています。

しかし、それでも苦戦しているという方は手作り教室に参加してみてはいかがでしょうか。

手作り教室や手作り講習会は一回完結型のレッスンが多く、興味のある講座のみ参加することが可能です。

大手のパーツショップやDIY教室が開催している教室もあり、予約なしでもその場に行けばすぐに参加できるものもあります。

アクセサリーの他にもソーイングや編み物、刺繍、キャンドル、ぬいぐるみやタッセル、コースターなど実に様々なものを作ることができます。

1時間から2時間という短時間で完成するものが中心なので、未完成のまま自宅に持ち帰りお蔵入りになるということはありません。

例えばアクセサリーパーツのショップとして有名な貴和製作所では不定期で講習会を行っています。

それも貴和製作所で販売しているアクセサリーキットを買うことを条件に講習料は無料となっているものもあります。

最近ではスワロフスキーのブレスレットやビジューのブローチなどの講習会が開催されています。興味がある方は指定の時間に店舗へ出向くだけで参加が可能です。

ハンドメイド、クラフト教室の中には自分の手作りブランドを立ち上げる人もいます。ハンドメイド製品を販売する専用のサイトも多数ありますし、オークションなどで販売している人もいます。

自分が作ったものを他人が喜んでくれるという意味でやりがいのある習い事だと思います。

最後に最近流行りのズパゲッティをご紹介します。スパゲッティではではありません、ズパゲッティです。

ズパゲッティはアパレル産業で不要となった生地などを使って作る編み糸のことで、糸が太いため初心者でも簡単にざくざく編めてしまいます。

現在は人気で毛糸が品薄のようですが、バッグやクッション、タッセルなどいろいろなものが作れるのでハンドメイドにはまっている人にはおすすめです。

もちろんズパゲッティを使ったワークショップもありますよ。

人気の講師に生徒が殺到!フラワーアレンジメントが大人気!

女性の習い事と聞いて真っ先に思い浮かぶのはフラワーアレンジメントです。

その響きはとても優雅で華やかですが、いわゆる現代版活け花でしょうか。

活け花とはどのように違うのかはっきりとはわかりませんが、活け花は個々の花が引き立つように活けることで、フラワーアレンジメントは全体のデザインやアレンジを大事にすることでしょうか。

また活け花が切り花を花瓶に活けるのに対し、フラワーアレンジメントは茎をデザインに応じて短く切り、水を含ませたスポンジに刺すのが一般的です。

フラワーアレンジメントは家族や友人の誕生日をはじめとするお祝い事、また部屋を飾るインテリアとしても素敵です。

選ぶ花の種類や量、色、全体のデザインなど、アレンジの仕方は無限大で、繊細な作品や驚くほど巨大な作品などもあります。

フラワーアレンジメントの特徴の一つが花だけではなく、花瓶選びも重要ということです。

花の種類やデザインに応じて、花瓶の色や形、大きさなども考えていきます。

また、日本にはフラワーデザイン協会なるものがあり、協会が中心となり海外との国際交流や資格試験などを実施しています。

フラワーアレンジメントの教室は実に沢山あり、どの教室を選んでいいか迷います。大手フラワーアレンジメント教室もあれば、資格を持った講師が自宅で教えている場合もあります。

スクールには体験コース、ビギナーズコース、中級コース、上級コースなどいくつかのコースがあります。

体験コースやビギナーズコースでは基本道具の名前や使い方、基本のアレンジメントなどを学ぶことができます。

講師が作品を作る工程をまねながら一緒に作っていくかたちです。中級コースや上級コースになると講師のアドバイスを受けながら自分の好みやテイストなども盛り込んでいくことができます。

結婚式用のブーケを作るウエディングコースやプリザーブドフラワーを作るコースなどもあります。

その他にも将来自分自身がフラワーアレンジメントの講師になることを目標とする人のために、資格を取得するコースもあります。

フラワーアレンジメントの資格としてはフラワー装飾技能検定、フラワーデザイナー(NFD)、フラワーデコレーター(FDA)などがあります。

その他にも様々なフラワーアレンジメントの資格がありますが、プロのフロリストの中には資格はそれほど重要ではないと考える人もいるようです。

資格がなくても人気の教室を運営している方もいますので、必ずしも資格にこだわる必要はなく、自由に学ぶ方が楽しそうですね。

気になるフラワーアレンジメント教室の料金ですが、1レッスン3500円~5000円が相場のようです。

もちろん人気の講師のレッスンは高額になりますし、また大きな作品を作る場合には材料費が高額になることもあるようです。

まずはお得な体験レッスンを受けてみることをおすすめします。自宅でレッスンを行っている講師の場合、レッスン終了後にお茶の時間があるなど女性同士の交流の場にもなっていますので楽しさ倍増ですね。