歌を歌うのが嫌いな人はなかなかいません。

カラオケがいつの時代も受け入れられているのは、みんな歌を歌いたくて、その上他人に効いて欲しいという願望があるからなのではないでしょうか。

歌を歌うことはストレス解消にもなると心理学者も認めています。

歌詞を覚えることで記憶力が向上され、脳が活性化されます。また顔の筋肉を使うことでリフトアップ効果があり、歌の世界観に浸ることで脳が刺激されます。

高齢者向けの施設や幼稚園、保育園でもふんだんに歌の時間が取り入れられているのはそのためです。

カラオケに行かなくても、気分のいいときつい鼻歌を歌ってしまった経験は誰にでもあると思います。

歌は人類の歴史にも私たちの現代の生活にもとても深く関わりがあると思うのです。

歌を歌いたい、歌が上手になりたいという人におすすめなのがヴォーカル教室です。

バンドを作りたい、プロの歌手になりたい、人に知られずカラオケが上手になりたい、様々な動機でヴォーカル教室に通う人がいます。

ヴォーカル教室というとアイドル歌手がデビュー前に歌の練習をするところというイメージがありますが、一般人の私たちも歌を教えてもらうことができます。

ジャズやポップス、歌謡曲まで幅広いジャンルの歌を練習することができます。英語の曲などもあります。

実際にヴォーカル教室ではどのようにして歌を上達させてくるのでしょうか。

まず歌の意味や背景の知識、正しい発音などを学ぶことができます。もちろん実際に歌を歌うときに必要な呼吸法、響き、音程、表現力などの技術面での向上も期待できます。

歌の上手い下手を左右するのは、音程だったり、リズムだったり、発声力だったりしますよね。自分の苦手な部分を指導してくれるということで歌唱力アップ間違いなしです。

ビブラートができたり、歌に合わせて身振り手振りなどで表現することも大事です。このようにヴォーカル教室では総合的なヴォーカルトレーニングを行います。

そしてもう一つ私がとても興味があるのがゴスペル教室。ゴスペルとはアメリカで生まれたキリスト教ととても関係の深い音楽のこと。キリスト教のテーマを盛り込んだ音楽です。

基本は発声練習やリズムのとり方を学びますが、ゴスペルは一人で歌うというよりもコーラスとして歌うことが多い音楽です。

教室の中には人気のゴスペル歌手を招いてレッスンを行うところもあります。本場のゴスペルの迫力やメッセージ性に心打たれる方も多いと聞きました。

ヴォーカル教室、ゴスペル教室ともにコースの種類や料金は様々です。気軽に参加できる完結型のレッスンもあれば、定期的に通うコースもあります。

仕事帰りや週末など無理なく通える教室を選んで、思い切り歌って日頃のストレスを発散させましょう。

もともと歌が上手くてさらにスキルアップしたいという方にはマンツーマンのプライベートレッスンもありますのでそちらがおすすめです。